お風呂上がりのボディクリームに、椿油でボディケア

髪の毛に椿油を使う、顔に椿油を使う、いろいろな方法についてご紹介してきましたが、今回からはボディケアとして椿油を使う方法について見ていきましょう♪

顔に使えるものなら、同じ肌であるからだにも使えちゃう、それが椿油です。まずはお風呂上がりのボディケアとして椿油を使う方法についてご紹介していきますね。

お風呂上がりの肌は乾燥しやすいですよね。特に冬場はすぐにボディクリームなどを塗らないと、水分がすっかり奪われていってしまいます。そこで椿油の出番というわけです。

椿油でお風呂上がりのボディケアをする場合、できるだけ早く椿油を全身に馴染ませる必要があります。オススメなのは、お風呂から上がってすぐ椿油を使うことです。

まだタオルで水分を拭き取っていない状態でも構いません。むしろその方がより水分を肌に閉じ込める効果が期待できるので、水滴は肌についている状態で、椿油を全身に馴染ませてみましょう。

すると、肌がしっとりしてくるんです♪乾燥した状態で椿油を塗ってもいいのですが、水滴がついている状態の方が椿油が馴染みやすくなるんですね〜。ボディケアに椿油を使うときは、できるだけ早く使うということをポイントとして覚えておきましょう。

また、椿油を使う量についてですが、顔や髪の毛に使うよりも多めで大丈夫です。少々つけすぎても、からだならベタつきにくいですからね。逆に少量にしてしまうと、すべりが悪くなってしまいます。

肌の摩擦によってダメージを与えてしまうので、からだに使う場合は椿油の量は多めが適量、ということもポイントのひとつです。特に乾燥しやすい部分には多めにつけておきましょう。

部位によっては数滴でもいいのですが、広い範囲に塗る場合は10滴ほどになることもありますからね。あまりにもつけすぎたような場合は、余分な油分を取って他の部位に馴染ませるといいでしょう。

さらに、椿油をつけたあとにボディクリームやボディローションなどを塗ると、より浸透力が高まります。これはオイルブースターの効果と同じですね♪

椿油のオイルブースターについては他の記事で紹介しています。先に椿油を塗っておくことによって、その後につける化粧水の浸透力を高める、という方法です。化粧水を先につけるよりも、椿油を先につけた方が保湿力が高まるのです。

椿油がボディクリームの成分をより浸透させてくれるので、椿油だけでは少しものたりないかな?という場合は、椿油を塗った後にボディクリームやボディローションを塗ってみるといいでしょう。

他にもボディケアとしてリンパマッサージをする場合にも、椿油は使うことができます。椿油はすべりが良いオイルなので、マッサージにも最適なんです。この方法については他の記事でまとめて紹介していきますね。

そして次回はちょっと珍しい椿油の使い方についてご紹介していきます。椿油をアレの中に入れておくと、全身を簡単に保湿することができるんですよ〜。こちらも簡単な椿油を使ったボディケアなので、ぜひトライしてみてくださいね♪

メイクの前にも使える!化粧下地にもぴったりな椿油

前回は椿油の意外な効果として、日焼け止め効果についてご紹介しました。椿油ですべての紫外線を防げるわけではありませんが、日焼け止め防止策のひとつとして、日焼け止めクリームと併せて使ってみてくださいね♪

そして日焼け止め効果があるということは、椿油は化粧下地にも使えちゃうってことなんですね〜。今回はメイク前に椿油を使う方法についてご紹介していきましょう!

メイク前にオイルを顔に塗ると聞くと、顔が日焼けしちゃうんじゃ?って思いますよね。でも椿油は日焼け止め効果があるオイルなので、化粧下地としても活用できちゃうんですよ♪

化粧下地として使う場合は、いつものスキンケアをした後、メイクをする前に椿油を顔に馴染ませておくだけです。すごく簡単ですよね(笑)通常の化粧下地を使うときと同じ感じでOKです。

ただし、化粧下地として椿油を使うときにもつけ過ぎには要注意!椿油はたくさんつけると顔全体がベタついてしまいます。その上からメイクをすると、メイク崩れの原因となってしまいますので、つけ過ぎには注意しておきましょう。

でも、椿油が適量であればメイクのノリをよくする効果もあるので、かえってメイクが崩れにくく、しっかり保湿もしてくれるので乾燥もしないのです。

化粧下地として使う場合の適量は、大体2、3滴くらいでしょうか。顔全体に馴染む程度の量を使ってみてください。もしちょっとベタつきを感じるようなら、油分を軽くティッシュオフしておきましょう。肌を触ってみてしっとりする感じなら、そのままメイクを始めてOKです♪

通常の化粧下地を使って乾燥してしまった、日焼け止め効果もある化粧下地を使いたい!というみなさんは、ぜひ椿油を使ってメイク崩れ対策をしてみてください。

このように、椿油は髪の毛以外に顔にも使うことができます。オイルブースターとして、仕上げの保湿オイルとして、クレンジングとして、日焼け止めとして、そして化粧下地として。いろいろな活用法があるんです♪

すべてに使ってもOKですが、もちろんどれかひとつに椿油を使ってみてもいいでしょう。たとえば、化粧下地として使う場合は、同時に日焼け止めとしても使っているということですからね。一石二鳥です。

椿油は肌の保湿に適したオイルですから、ぜひ毎日使ってみてくださいね。使い始めるとスキンケアもメイクもとても楽ですしね♪

それでは、次回からはまた他の椿油の使い方についてご紹介していきましょう!髪の毛、顔、ときたら次はからだです。椿油はわたしたちのボディケアにも活用することができるんですよ〜。

全身の保湿、マッサージといったようなボディケアに椿油を使うこともオススメなので、こちらも詳しくご紹介していきますね。また、他にもちょっとびっくりするような椿油の使い方もあります。椿油をアレの中に入れちゃうんです!

この方法で椿油を使うと、気軽にボディケアができちゃうんです。他の記事で詳しくお話ししていきますので、ぜひ次回からもお楽しみに♪

日焼け止め効果もあるってホント?椿油の意外な効果

今回は椿油の意外な効果についてお話ししていきましょう♪その意外な効果とは、ズバリ「日焼け止め効果」です。

油なのに日焼け止め効果!?とびっくりされる方も多いかもしれませんね。油といえば「油焼け」など、かえって日焼けをしてしまうイメージがありますから、驚くのも無理はありません。

でも、椿油にはUV-Bという種類の紫外線を吸収する働きがあるので、UV-B紫外線を浴びたことによる日焼けを防ぐ効果が期待できるんです!まずは紫外線の種類についてもっと詳しくご紹介しますね♪

紫外線には2つの種類があります。それが「UV-A」と「UV-B」という波長です。それぞれ波長は異なっているのですが、UV-Aの方が波長が強め、UV-Bの方が波長が弱め、という特徴があります。

椿油はこの2つの紫外線のうち、波長が弱いUV-Bの紫外線を吸収する効果があるため、UV-Bの紫外線による日焼けを防止することができる、というわけです。

では、UV-Bの紫外線はわたしたちの肌にどんな影響を及ぼすものなのでしょうか?UV-Bの紫外線は、波長は弱いものの紫外線としてのエネルギーが高いという特徴も持っています。

肌が赤く炎症を起こしてしまったり、シミができてしまったり、そばかすができてしまったり…。紫外線を浴びたことによる肌トラブルは多くありますよね。

椿油にはこうしたトラブルの原因となるUV-B紫外線を吸収してくれるので、結果的に日焼け止め効果が得られるというわけなんです。

けれども、椿油をつけていればすべての紫外線から肌を守ることができるわけではありません。もうひとつのUV-Aという紫外線は、椿油では吸収しきれないため、UV-Bの紫外線にしか椿油の日焼け止め効果は通用しない、というのがデメリットです。

ただし、その場合も心配はいりません!椿油をつけた上にUV-Aの紫外線も防いでくれる日焼け止めクリームを塗れば、より強力な日焼け予防ができます。ぜひ他の日焼け止めクリームと合わせて椿油を使ってみてくださいね♪

また、椿油には保湿効果もありますし、肌を守る効果も期待できるので、「日焼け止めを素肌に塗ると荒れやすい…」「日焼け止めで肌トラブルが起きたことがある」というみなさんにも椿油はオススメですよ〜。

日焼け止めクリームを塗るより先に、椿油を肌に馴染ませておけば、肌は日焼け止めクリームに配合されている成分の影響を受けにくくなり、肌トラブルの予防につながります。

同時に椿油を素肌に馴染ませたことによって保湿ができるので、日焼け止めを塗っても乾燥しにくく、安心して日焼け予防をすることができるんです。

日焼け止めクリームとの相性が合わない…と悩んでいるみなさんは、ぜひ日焼け止めを塗る前に椿油を使ってみてください。

その他にも、日焼けをした肌に椿油を塗ることで、肌のターンオーバーを正常にしていく効果も得られます。日焼け予防にも使えて日焼け後のケアにも使えるなんて、とても便利ですよね♪

このように椿油には意外な日焼け止め効果があるんです。ぜひみなさんも毎日の日焼け予防に椿油を活用してみてはいかがでしょうか?

メイク落としもできちゃう!椿油でクレンジング

前回までは椿油でお肌の保湿をする方法についてご紹介してきました。オイルブースターとして、保湿オイルとして、状況に応じて活用してみてくださいね♪

でも椿油を使ったスキンケア方法はこれだけではありません!実は椿油ってクレンジングにも使えちゃうって知ってましたか?

洗顔後の保湿だけではなく、メイクを落とすためのクレンジングとしても使えちゃうのが椿油の注目ポイントです。早速椿油のクレンジング法をご紹介していきましょう♪

まずは椿油を数滴手にとって、メイクをした状態の肌に馴染ませていきます。普通のクレンジングオイルを使う要領でOKなので、保湿などに使う場合よりもちょっと多めでも構いません。目安としては大体4、5滴くらいでしょうか。

椿油の量が少ない場合は、肌との間に摩擦が起きてしまいますからね。肌をこすらないようにメイクと馴染ませるのがコツなので、ちょっと多めに手にとって肌に馴染ませる、というポイントを覚えておいてください。

メイクと椿油が馴染んできたら、軽〜くティッシュオフをしていきます。この場合も肌をこすらないよう気をつけてください!強くこすってしまうと、肌にダメージを与えてしまうことになりますから、ごく軽くでいいので油分とメイクを拭き取っておきましょう。

あとはいつものように洗顔をすればOKです。しっかりと洗顔せっけんを泡立てて、メイクと椿油を洗い流してください。

椿油には保湿効果があるので、クレンジングオイルとして使っても肌がつっぱらず、かえって肌がもちもちになります。しっかりクレンジングをしたいけど、オイルだと肌に負担が…と悩みを抱えているみなさんにもオススメですよ♪

あとはクレンジングオイルとしてではなく、毛穴ケアとしても利用できるのが椿油のメリットですね。効果は椿油で頭皮のケアをする場合と同じです。

椿油を使って頭皮をケアするときも、使った後に頭皮の毛穴に詰まった汚れがスッキリとするので、顔の毛穴ケアにも椿油を使うことができるんです。

たとえば小鼻の毛穴が気になる場合、小鼻を中心に椿油を馴染ませてみましょう。くるくるとマッサージをするように椿油を馴染ませて、さきほどと同じように洗顔をして洗い流してください。

毎日のクレンジングとしてはもちろん、毛穴の黒ずみや皮脂汚れの詰まりなどが気になる時にも、ぜひ椿油でケアをしてみてくださいね♪

このように保湿として使う場合とクレンジングとして使う場合、どちらも活用ができる椿油ですが、使い方には少し違ったポイントがあるのでよ〜くチェックしておきましょう。

そして次回はそんな椿油の意外な効果についてお話ししていきたいと思います。意外な効果とは、一体どんなものなのでしょうか?わたしたちの肌に大きく関係する、ある効果なのですが、油としては珍しい効果というのがヒントです♪

この効果を利用することで、より肌にやさしいスキンケアをすることができますので、ぜひ次回もお楽しみに!